我が家の子たちはみんな一番


三人三様ではなく、三匹三様のお話です。
我が家には3匹の猫がいます。いずれも近くの公園や勤務先の近くから連れて帰った
子たちです。

一番上は女の子、キジトラです。一番の甘えっ子かもしれません。
最近は何がいいのか、お風呂場のお水をなめに行きます。
廊下に足跡がついているので、またか、と。
お水はいつもきれいにご飯の側に置いているのですが、もちろんそれも飲みますが
やはりお風呂場もはずせないようです。

二番目は男の子、白黒のウシガラです。
寝そべっているのを上から見るとまるでウシその物です。
上目づかいに見るくせがあり、まるで人間のだれかに見られているような気がします。

一番末っ子は女の子、キジトラです。この子のおてんばぶりは最高です。
片時もじっとしていないですね。
台所のレンジの上、カウンター、テーブル、サイドボードとあらゆる所を渡り歩いています。
まるで鳥のようです。

この三匹はちっとも仲良くはないのに、それぞれのやることには関心があるようで
誰かと私がいるとじぃ~っと見つめます。これは一種の嫉妬ですね。

猫は気ままでわがままと言います。
その通りなのですがそのことが猫を猫らしくしている気がします。
自分だけをかまってほしいという欲求は天下一品です。
ですから言うのです。Mが一番、けどRも一番、それでもSが一番。やっぱりみんな一番と
毎日声に出して一番と言ってやるのです。